中古車を売却したらどのようにしてお金が振り込まれるの?

中古車を売却するにあたって、査定額が実際にどのようにして手元に入るのか気になりますよね。

例えば、200万円の車があり、この車を購入予定者とします。

今乗っている車を売買するとして、100万円の査定額が付きました。

車を買う場所と売買する所が同じであれば、差額が見積もり上で計算され、100万円を支払うだけになります。

しかし、それぞれの業者が違う場合、金額の管理は自分でしっかりしなければいけません。

買取り業社で有名なガリバーやアップル、ビックモーターなどの会社は査定して、車を渡し、さらに必要書類を渡した上で、一週間くらい時間をおいて振り込みになります。

しかし、一部の買取業社では、直接手渡しの場合もあります。

その場合は、車、必要書類を渡してから即現金渡しになります。

最近だと、現金のやり取りを嫌う方が増えています。

大金を持ち出すことは双方、デメリットが大きいです。

もし仮に現金をなくしてしまうことを考えると怖いです。

そうならないように、大手の会社は振り込みでのやり取りを望んでいます。

しかし、振り込みを行うにしても、時間はかかってしまいます。

オレオレ詐欺などの関係で、大型の現金の送金は確認が必要です。

また、会社の中でも、念密に間違いがないのか計算してからの送金になるため、これほどの時間が掛かります。

ディーラーの場合は、下取り金額が購入車両をうわまってしまう場合は、基本振り込みになります。

あまりない事例ですが、対応は大手の会社と同じです。

中古車を売却する上で、買取にお願いする場合は、そういったことも含めて、確認していかなければいけません。

先に車を渡す分、不安になってしまう気持ちもわかります。

どうしても信用できない方は、安心のディーラーに任せておいた方がいいでしょう。

金額面では、買取の方が優遇される分、その分自分自身も動かなければならないので、そこは注意しましょう。

基本は振り込みでの取引が第一になります。

サイトマップ